木質バイオマスエネルギーの利用推進と普及拡大、有効活用のため薪割りを開始しました。アーボリストの仕事で、やむ無く樹木を伐採し発生した丸太を捨てるのではなく資源の循環として環境への負荷を低減し、また地球温暖化防止対策としての持続可能なエネルギー源は理論上カーボンニュートラルとなるので、大切な樹木に手間暇をかけて加工生産していきます。更には緊急災害時の備蓄燃料として利用可能な状態を目指します。しかし大きな課題があり、発生材が現場由来のため定期的な仕入れの安定性と樹種の指定が難しい点が挙げられます。自然樹木のため加工時の形状と含水率の違いも品質管理としての差異が生じてしまいます。

関連リンク

環境省

「木質バイオマスストーブ環境ガイドブック」

クリックしてbiomass-stove.pdfにアクセス

林野庁

「木質バイオマスの利用推進について」

https://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/biomass/