ツリークライミングやアーボリストにとって、効率よく樹上作業を遂行するだけでなく、万が一に備えてのレスキューも訓練しなくてはならないと不定期的にレスキュートレーニングを開催。